大祓詞(おおはらへのことば)のススメ。

おはようございます (^-^)/ かなえです。皆様は大祓詞おおはらへのことばというものをご存知でしょうか?
大祓詞とは神道の祭祀に用いられる祝詞のりとの一つとなります。祝詞とは、神様に捧げる言葉のことですね。

言霊を司り、岩戸隠れの際には岩戸の前で祝詞を唱えたと言われる天児屋根命(アメノコヤネノミコト)という神様を祖に持っている氏族、中臣氏が古代より受け継いできた祝詞と言われていますよ。

元々は毎年6月と12月の末日に行われる大祓で、天皇とその百官が、その半年の間に人々が犯した罪や穢を祓い清めるための国家行事を行なってきましたが、その際に中臣氏によって唱えられてきたのが、この大祓詞となります。

この祓い清めの国家行事が、次第に民衆の間にも普及していき、それに伴いこの大祓詞も浸透していったそうです。千年の時を越え、それこそ数え切れないほど多くの人々に唱えられてきた言葉ですから、この大祓詞には強力な浄化の言霊の力が宿っていると言われています。

気になる祝詞の内容としては、天の神様も地上の神様も全ての神様があなたの声を聞き届け、神様があなたに被っている罪や穢れを根こそぎ引き受け、人の手が届かないような遥か彼方へ持ち去り消し去ってしまうという、大変壮大なものです。ですので、何となく心身が重いなぁと感じたり、何となく調子が悪いなぁと感じるという時に、とてもお勧めの祝詞ですよ。

最近拝読致しました「開運!まいにち神様 大祓詞で最強の「お清め」」という本の著者である立花たちばな 大敬だいけい氏も、大祓詞は、神様の世界とつながることができる強烈な霊的エネルギーを持った祝詞であると本の中で記しています。

開運!まいにち神様 大祓詞で最強の「お清め」
著者:立花大敬 出版社:KADOKAWA

こちらは、大祓詞に込められたパワーを立花さん独自の視点で解説された本となります。
私たち個々に宿っている生命エネルギーという観点からも解説されているため、文字通り自分の事として捉えられる内容となっております。神様の祓い清めのパワーってすごい!と思わせる内容となっております。

私も大祓詞の意味については諸説見てみたのですが、大祓詞については様々な訳があり、現代語で完訳するには難しいと言われているそうです。

また、調べてみたところ、大祓詞は罪穢を祓い清める祝詞ですから、大祓詞が成立した当時は「罪事」の内容も祝詞の中に書き綴られていたそうなです。ですが、その罪の内容は時代時代の事情とはそぐわなくなってきたため、今日ではその内容は省略されているそうなんですね。こちらで掲載している大祓詞についても、その部分は省略したものとなりますのでご了承下さい。

省略されると、祝詞の内容が不完全となるため、祝詞の効力も弱まるのでは?とつい思ってしまいますが、祝詞の一部が省略されていたとしても大祓詞の効力には影響なし、とされているそうですよ。

個人的な感想ではありますが、大祓詞を唱えると、確かに日本の全ての神様が自分の言葉に聞き耳を立てていらっしゃるような……そんな気配を感じます。そして、明日からまた歩き出せるように、心身の淀みを全て流してくださっているような、そんな心持ちになります。唱え続けると、唱えた分だけ心が軽やかになってきますので、私も是非お勧めしたいです。

以下に、大祓詞の全文と意訳を掲載致します。
意訳については、複数の書籍や見解を拝見した上で編纂しておりますので予めご了承下さいませ。

意訳ではありますが、内容を知っていれば大祓詞への理解が深まり、イメージが想起しやすくなりますので、祝詞を唱える時により実感を持てるかと存じます。神様方の壮大な清め祓いごととなっておりますので、是非合わせて御覧くださいませ。

大祓詞おおはらへのことば

高天原たかまのはらに 神留かむづます すめらむつ 神漏岐かむろぎ 神漏美かむろみみことちて 八百萬やほよろづ神等かみたちを 神集かむつどへにつどたまひ 神議かむはかりにはかたまひて
皇御孫命すめみまのみことは 豊葦原とよあしはら瑞穂みづほくにを 安國やすくにと たいらけくろしせと 事依ことよさしまつりき さしまつ國中くぬち

荒振あらぶ神等かみたちをば 神問かむとはしにはしたまひ 神掃かむはらひにはらたまひて 語問こととひし 磐根いはね 樹根立きねたち くさ片葉かきはをもことめて
あめ磐座いはくらはなち あめ八重雲やへぐもを 伊頭いつ千別ちわきに千別ちわきて 天降あまくださしまつりき
さしまつりし四方よも國中くになかと 大倭日高見國おほやまとひだかみのくに安國やすくにさだまつりて した磐根いはね宮柱太敷みやばしらふとし

高天原たかまのはら千木高ちぎたかりて 皇御孫命すめみまのみことみづ御殿みあらかつかまつりて あめ御蔭みかげ 御蔭みかげかくして
安國やすくにたいらけくろしさむ國中くぬちでむあめ益人等ますびとらが あやまをかしけむ種種くさぐさ罪事つみごとは あまつみ くにつみ 許許太久ここだくつみでむ

でば あま宮事みやごとちて あま金木かなぎ本打もとうり 末打すゑうちて 千座ちくら置座おきくららはして
あま菅麻すがそ本刈もとかち 末刈すゑかりて 八針やはりきて あま祝詞のりと太祝詞ふとのりごと

 

らば あまかみあめ磐門いはとひらきて あめ八重雲やへぐも伊頭いつ千別ちわきに千別ちわきて こしさむ
くにかみ高山たかやますゑ 短山ひきやますゑのぼして 高山たかやま伊褒理いぼり 短山ひきやま伊褒理いぼりけて こしさむ

こししてば つみつみらじと 科戸しなどかぜあめ八重雲やへぐもはなことごと
あした御霧みぎり ゆふべ御霧みぎりを 朝風あさかぜ 夕風ゆふかぜはらことごと

大津辺おほつべ大船おほふねを 舳解へとはなち 艫解ともとはなちて 大海原おほうなばらはなことごと
彼方をちかた繁木しげきもとを 焼鎌やきがま敏鎌とがまちて はらことごとく のこつみらじと はらたまきよたまこと

高山たかやますゑ 短山ひきやますゑより 佐久那太理さくなだり多岐たぎつ 速川はやかわ瀬織津比賣せおりつひめかみ 大海原おほうなばらでなむ
なば 荒潮あらしほしほ八百道やほぢ八潮道やしほぢしほ八百會やほあひ速開都比賣はやあきつひめかみ 加加呑かかのみてむ
加加呑かかのみてば 氣吹戸いぶきど氣吹戸主いぶきどぬしかみ 根國ねのくに 底國そこのくに氣吹いぶはなちてむ
氣吹いぶはなちてば 根國ねのくに 底國そこのくに速佐須良比賣はやさすらひめかみ 佐須良さすらうしなひてむ

佐須良さすらうしなひてば つみつみらじと はらたまきよたまことを あまかみ くにかみ 八百萬神等共やほよろづのかみたちともに こしせとまを

大祓詞の現代訳(意訳)

高天原たかまのはら(天上の神々の国)にいらっしゃる、皇祖神すめみおやかむ(親神様の事です。ここでは神漏岐命かむろぎのみこと神漏美命かむろみのみことの事を指しますが、この二柱については、神漏岐命かむろぎのみこと高御産霊神たかみむすびのかみとする説と、神漏美命かむろみのみこと神産霊神かみむすびのかみとする説。神漏岐命かむろぎのみこと伊邪那岐神いざなきのかみとする説と、神漏美命かむろみのみこと伊邪那美神いざなみのかみとする2つの説があるようです)の御命令によって、八百万(数多く)の神々が一堂に集まり、大国主命おおくにぬしのみことの国譲りの件、天孫邇邇芸命てんそんににぎのみこと豊葦原瑞穂とよあしはらのみずほの国(日本)への御降臨の件などが議題としてあげられ、幾度も議論が重ねられました。

こうした神々による会議・相談の結果、大国主命は国を譲る事を快諾せられ、皇御孫命すめみまのみこと(邇邇芸命)の祖母である天照大御神あまてらすのおほみかみは、子々孫々に渡って豊葦原瑞穂の国を平和で穏やかな国として統治しなさい、と皇御孫命にお任せになられたのです。

しかし、豊葦原瑞穂の国には、邇邇芸命に素直に従う神もいれば、そのご威光に従わずに荒れ狂い暴れ回る数多くの荒々しい神様等も居られたので、ある時は説得にあたり、それでも御従いになられない場合は、実力行使で排斥する行為にも出られました。

こうした結果、荒ぶる神々だけでなく、それまで言葉を喋っていた岩や樹、一片の草にいたるまで、その口を慎み大人しく命令に従うようになりました。こうして、国土が平穏になったので、邇邇芸命は天の玉座をお立ちになり、沢山のお供をお従えになられて、幾重にも重なりたなびく雲を激しく千切るように掻き分け押し分け、高天原から日向ひゅうが高千穂たかちほの峰に降臨されたのであります。

このようにして、天降あまくだりになられた邇邇芸命は、日本の国の四方八方隅々に至る迄、平和が行き届くよう「やまとの国」を都と定められ、心を配られて御統治に当られました。そのために、政治の拠点として、宮殿建設の計画が立てられたのです。倭の国の中心にあたる場所に、地中深く穴を掘り、岩盤に宮殿の太く立派な柱をどっしりと差し立てられました。また、屋根の上にはあたかも高天原に届くかのように、千木を大空高くそびえ立て、荘厳で立派な宮殿をお造りになり、天照大御神の御加護を受けて、宮殿にお入りになられたのです。

その宮殿の中で邇邇芸命が、朝も夜も、昼夜を問わず御政務に、御祭祀にとお励みになられたお蔭で、国内の政治は安定し、産業は目覚しく発展し、国民にも沢山の子供が生まれ人口は飛躍的に増加の一途を辿りました。しかし、その一方で、犯罪を犯す者、争いを起こす者が増え、それは社会問題にまで発展したのです。その犯罪の種類は、自然破壊の罪、人倫の規範を破る罪など数え切れないほど多くのものがありました。様々な犯罪が発生したのを見かねた天津神は地上に救いの手を差し伸べられました。

その方法とは、高天原の天照大御神が行われる天津神の神秘な儀式に則って、天津金木あまつかなぎ(神聖な硬い木)の根本と先端を切り取り、沢山の置物の上に並べ、天津菅麻あまつすがその根本と先端を刈り断って、沢山の針のように裂きなさいというものでした(現代では金木と菅麻がどういったものか分からないそうです)。そして、天津神が授けたきわめて効力の高い、神聖で完全な祓の祝詞を唱えなさい、と高々と宣言がなされました。

※ここで大祓詞では天津祝詞あまつのりとという言葉が入るので、天津祝詞という祝詞が別途挿入されるのではないか、という説があるそうです。ですが、天津祝詞がどういうものか諸説あるため確定は難しいとされているとのこと。また、古来よりここは空白であり、大祓詞そのものが天津祝詞ではないか、という説が現代では有力と言われているようです。

このように祓の祝詞を唱えたならば、天津神(天上の神)たちは高天原の宮殿の岩戸(磐門、高天原の門の事)を押し開いて、天にかかる幾重にも重なり合った雲を、その御威勢で押し分け掻き分けて、その詞をお聞きくださるでしょう。国津神(地上の神)たちは高い山や低い山の頂上にお登りになって、立ち昇る雲や霧や霞を掻き払い、その詞が天に届きやすいように取り計らい、また国津神たちもその詞をお聞きくださるでしょう。
このようにして天津神・国津神がお聞き届けくださるならば、もう罪という罪はこの世には存在しないのだと、偉大なる宣言がなされるでしょう。

それはまさに、あたかも高い山から吹き降ろす強風が分厚く幾重にも重なり、どんよりと垂れ込めた雲でさえ吹き飛ばしてしまうように、朝夕の風が朝夕に立ちこめる霧を吹き払うように、大きな港に停泊している大きな船の舳先へさき(船の先端)やとも(船尾)の綱が解き放たれ、錨を上げて大海原に押し放たれるかのように、向こう岸に生い茂っている沢山の樹木の根元を、焼いて鍛えた鋭い鎌で尽く薙ぎ払ってしまうかのように、もう残っている罪穢は無いのだと、あらゆる罪穢を一切残らず祓いに祓い清めに清められるでしょう。

こうして祓い清められた全ての罪穢は、高い山や低い山の頂上から勢いよく流れ落ちて、滝のある流れの速い川の上流にお住まいになられている瀬織津比賣せおりつひめと呼ばれる女神が、大海原に持ち去ってくださるでしょう。

このように瀬織津比賣によって持ち出された罪穢を、今度は人が近づけないほどの激しい流れの寒流と暖流が幾重にもぶつかり合って大きな渦潮がいくつも生まれるような荒海にお住まいの速開津比賣はやあきつひめと呼ばれる女神が、その罪穢をガブガブと呑み込んでしまわれることでしょう。

このように速開津比賣によって呑み込まれた罪穢は、今度は海底にあって生命の息吹が発生するという根の国・底の国(黄泉の国)へ通じる門(氣吹戸いぶきど)を司る氣吹戸主いぶきどぬしといわれる神が、この世の根源の世界である根の国・底の国に、その氣吹によってフゥーっと息吹いて吹き払ってくださるでしょう。

このように氣吹戸主によって吹き払われた罪穢は、今度は根の国・底の国にお住まいの速佐須良比賣はやさすらひめという女神が尽く受け取ってくださり、どことも知れない遥か彼方へ持ち去って封じてくださり、こうしてしまえば、さすがの罪穢も失われてしまう事でしょう。

このように、八百万の神様等があらゆる罪穢をすっかり消滅させて浄化してくださるならば、この世界に罪という罪は一切ないという事です。

私どもが『祓え給え清め給え』と申し上げる事を、よくよくお聞き届けくださり、どうか私どもにお力をお授けくださいますようにと、天津神国津神を始めとする、八百万の神様等に慎んで申し上げます。

如何でしたか?
この機会に、是非あなたも大祓詞に触れてみて下さいませ (*´∀`*)ノ。+゚ *。

 
 
ランキング参加中です。
暖かいお気持ちをくださり、誠にありがとうございます。
 

4 Comments

一登

仏教のお経がそうであるように、
祝詞もまた、唱えるだけの意味不明な記号、呪文ではなく、
何かを描いた「物語」だったのですね。

現代語訳、初めて見ました。
ありがとうございます。

返信する
かなえ(管理人)

一登さん、こんばんは。大変ご無沙汰しております。
お返事が遅くなりまして、誠に申し訳ありません。

一登さんの仰る通り、祝詞もまた物語となります。
物語の背景を知ると、途端に不可解なものから親しみに転じるので不思議ですよね。
もし宜しければ、一登さんも折に触れて奏上なさってみてください。

この度はコメントくださり、ありがとうございました。
また遊びに来て下さいませ。

返信する
rei

はじめまして。私は仏教の家でそだったのですが、大人になって神社にも行くようになりました。祝詞は神社で奏上するものなのでしょうか。時間があれば部屋でもどこでも口に出してみたいのですが。

返信する
かなえ(管理人)

reiさん始めまして。お返事が遅くなりまして、誠に申し訳ありません。

私個人の考えではありますが、祝詞は奏上したいと思えば、
お時間がある時にいつでもどこでも行なって構わないと存じます。

reiさんの声に神様方は耳を傾けておりますから、
きっと喜んでくださると思いますよ。

この度はコメントをお寄せ頂きありがとうございます。
また遊びに来てくださいませ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。また、スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。